診療案内

アレルギー性結膜炎

花粉や家のホコリが原因によって起こる目のアレルギーです。
特に最近増えている家の中にあるホコリはハウスダストと言い、季節関係なくいつでも病気になる可能性があります。

結膜炎

西洋医学と合わせた漢方治療を漢方エキス製剤を用いて行います。

近視

近視の主な症状としては、近くを見る際は通常と変わりませんが、遠くがぼやけてしまいます。
屈折力が強すぎることで、網膜の手前で焦点が合ってしまうことが主な原因です。

遠視

遠視の主な症状としては、遠くだけでなく、近くもぼやけてしまいます。
屈折力が弱すぎることで、網膜の後ろで焦点が合ってしまうことが主な原因です。

乱視

乱視の主な症状としては、どこにも焦点が合わず、目の疲れが著しいことです。
角膜が楕円にひずんでいるので、目の縦横の屈折度が違うことが主な原因です。

白内障

白内障の主な症状としては、光のまぶしさが通常以上に多かったり、視界がかすんで見えるなどです。
加齢によりピントを合わせる水晶体が濁ってしまうことが主な原因です。

緑内障

緑内障は主な自覚症状が少なく、緑内障と気づかない方が多いです。
そのため発症の多い40歳を目安に眼科にて診察を受けましょう。
最終的には視野を失ってしまう恐ろしい病気で、40歳以上の20人に1人が経度も含め緑内障だと言われています。

ぶどう膜炎

ぶどう膜炎の主な症状としては、目の痛みや充血、かすんで見えるなどです。
ぶどう膜炎は失明する可能性が高いため、上記症状がでたら、すぐに眼科で診察を受けましょう。

ドライアイ

ドライアイの主な症状として、目の疲れを始め、涙が少ない・目が乾いてごろごろするなどです。
眼球の表面が乾燥することで、傷など生じることが主な原因です。

眼精疲労

遠視の主な症状としては、遠くだけでなく、近くもぼやけてしまいます。
屈折力が弱すぎることで、網膜の後ろで焦点が合ってしまうことが主な原因です。

角膜びらん

強膜炎の主な症状は眼の非常に激しい痛みです。(眠れないぐらい痛い方もいらっしゃいます)
また強膜炎は女性に多く発症し、原因不明な方も多くいらっしゃいます。

角膜炎

角膜炎の主な症状としては目の痛みや視力低下です。
コンタクトレンズの規定外使用、細菌等の感染、ドライアイなど人によって原因は様々です。

強膜炎

中高年の成人女性に多くみられ、強膜炎の症例の約半数では原因不明です。
人によっては眠れなくなるほどの激しい痛みが続くこともあります。

●●

  • common_tel.png
診療案内 院長紹介 クリニック紹介 アクセス・受付時間